スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月11日記者会見・署名提出・会派要請・大学要請しました

3534筆(市議会議長あて)、2570筆(大阪市長あて)の署名を提出!!記者会見に13社が参加!!

 12月11日(木)11時から大阪市役所内で記者会見を行いました。マスコミ13社が参加し、会から、経過説明、学生生活の実態を話し、OBの方から「かけがえのない市大二部の役割」について話しました。その後、記者の方の「会員数」「署名やアンケートの集め方」「今後予定している活動」などの質問に答えました。
 記者会見後も、ビデオカメラなどを持ってマスコミの方が議会要請や会派要請などを取材していただき、さっそく11日夕方のニュースで6チャンネルが放映してくれました。

 その後、署名を提出、陳情の手続きを行いました。22日13時からの市議会財政総務委員会で議論されます。当日は、市役所でモニター放映による傍聴ができるそうです。

会派要請。「家計が大変。でも市大二部だから来れた」


 会派要請では、日本共産党では、3人の議員が会って話を聞いてくれました。会の代表が要請書と資料を渡して簡単に説明し、1回生が自分の実態を話し、OBからは市大二部の果たしてきた役割とぜひ存続のために議会でがんばって欲しいと要請。議員からは、この問題に3月から取り上げてきた経過の説明と、12月18日に大学と議員、学生も参加しての面談の場が持たれるようになったこと、来月には学長に議員団として懇談を行うこと、そして存続に向け全力でがんばるとの頼もしい答えが返ってきました。
 公明党では、事務局の方が会って話を聞いてくれました。自らも市大の院に社会人入学したこの方は、要請を聞いて「わかりました。議員に伝えます」とこたえてくれました。
 他の会派は議員がいないということで要請書を渡してくれるよう、市の職員の方に預けてきました。

大学へ要請。「個々の質問には答えない。必要なことはホームページで知らせてある」

 その後、夕方には大学に戻って、学情6階の法人総務課に再度要請。学生4人、OB1人、市民3人が参加しました。
 大学が2部廃止の理由として真っ先にあげている「勤労学生の減少」について、会のアンケートでは「8割以上の学生が働きながら大学に通っているなど、ちゃんと説明して欲しいことがたくさんある」と話すと「必要なことはホームページで知らせてる。だから個々の質問には答えません。説明会を開いたら特定の人にしか知らせれない。だからホームページで広く知らせているんです」との返事。
 「でも、それじゃ質問もできないし、一方通行」(学生)、「"OBも母校がなくなる"とみんな心配している」(OB)と訴えると「母校はなくなりません。市大はありますから」と返事。
 「でも、募集を停止するということはなくなるということじゃないですか。これから進学をする人の道を閉ざしてしまうことになります」と訴えると「聞いておきます」と返事。
 全国で国公立の総合大学文系で学費の安い二部は市大以外にはもう数えるほどしか残っていません。経済的に苦しくても、高等教育を受けたいという人の願いをつぶしてはいけないと思います。

 今日、取材に来ていただいたマスコミのみなさま(順不同)

毎日新聞、読売新聞、朝日新聞、大阪日日新聞、産経新聞、共同通信、時事通信、大阪民主新報、赤旗新聞、MBS、ABC、関テレ、NHK
 本日はお忙しい中、取材に来ていただき、ありがとうございました。ぜひ、大きくとりあげてくださいね。

大学に不安や疑問をぶつけにいこう!!

日時:12月18日(木)16時30分
場所:学情6階(学情前に16時15分集合)


 仕事などなかなか難しいと思いますが、この日はぜひ都合をつけて、いっしょに不安や疑問を大学側に届け、こたえてもらいましょう。
スポンサーサイト

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おつかれさまでした^^
今回の廃止撤回運動においてメディアに取り上げられた動画を
全てアップしていただけないでしょか?見てみたいです。

 ありがとうございます。
 今のところ確認できているのは、ABCのみです。後はわかりません。
 ABCのホームページからパソコンで見れるようです。すぐにリンク切れになるかも知れませんが、一応紹介させていただきます。
http://webnews.asahi.co.jp/abc_2_007_20081211007.html

会派要請について。日本共産党さんはえらいですね、勤労学生のことをよく考えてらっしゃる。公明党さんは、事務局の方のみですが、話を聞いていただいたのは及第点でしょうか。他の会派の方々は話になりません。

ただ、「母校はなくなりません。市大はありますから」という発言は気になります。組織図から見たら、市大2部は一部に過ぎませんが、そこで学んでいるまたは学んだ方々にとっては「母校」なのです。社会人の方々がおられるだけで、雰囲気が全く違いますから。教鞭をとられる方々もそう感じているはず。

みなさんの運動が全国の2部学生を救うことになります。

がんばってね。

山口県在住の市大2部OBより。
アピール 2部存続を!!
 以下の内容でのアピールを集める取り組みを、OB会の方々が中心になって行っています。広く実名でのアピールを集め、発表して世論に訴えていきます。ぜひアピールをお寄せ下さい。また、メッセージはビラやブログ上で紹介させていただきたいと思います。たくさんのメッセージ、お待ちしております。実名で公表させていただきますので、都合が悪い方は必ず選択欄で「とく名」を選んで下さい。
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

署名
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
このブログ内を検索します
最新記事
会員大募集!!
 市大二部廃止の動きや会の活動など、不定期にメールを送っていきたいと思っています。メールアドレスを登録して会員になってください!!
メールアドレス
リンク
二部廃止についてあなたの意見を直接「大阪市」「大阪市立大学」「文科省」に届けましょう!!
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
時計
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。