スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪市も「大学には説明する責任がある」とこたえる!!

 12月22日、大阪市議会財政総務委員会で市大2部廃止問題が議論されました。みなさんに書いていただいた署名を受けての議論です。午後1時から夕方まで、各党からの質疑が行われました。取り上げてくださった議員のみなさん、ありがとうございます。
 メモ程度なので不十分ですが、質疑の内容を報告します。
議会委員会傍聴1222


公明党
 有職率の低下は、非正規が増えている社会状況を考慮して見るべき。景気悪化の中で2部の需要は今後高まる。2部運営にかかっている経費は9,728万円、一方授業料などの収入は2億8,861万円となっており、2部を廃止すれば大学の収入は減る。
 社会人教育を重視するといっているが、具体的でない。市大2部を存続させれば、有能な人材がその分集まってくる。
 平成20年度も770人も志望しており、需要はまだある。

民主党
 公式には大学運営への市の関与は、市長と学長の協議会の場だけ。2部廃止を決めた今年の協議会はまだ1回しか開かれず、そこでもしっかり論議されてない。このような経済状況でも学びたいという人が、1部の半額の学費で学べる機会がなくなることは、社会的に影響が少なくない。法人化しても市民への影響が大きい問題については、積極的に情報を開示して大阪市の最高学府として説明責任を果たせ。

共産党
 大学側のあげている廃止理由は全く理由になってない。断じて納得できない。
 学生から「母子家庭で朝から働き、夜にまた別のパートにいってやっと年収300万円。弟も進学する。2部がなければ進学できなかった」などと聞いた。憲法26条では、どんな人にも教育の機会を保障することが求められている。
 また、学生にも知らせずに決めるのは、大学の民主主義にとってゆゆしき事態。
 運営費交付金の2割削減はやめるべき。ムダづかいは改めるべきだが、人間を育てる教育に一律削減を持ち込むべきではない。

大阪市の答弁

 質疑の中で、「大学が学生にも知らせずに、何の説明もなくすすめている」「説明責任を放棄している」などの各党の追及に、大阪市は「大学には説明する責任がある。説明責任を果たすよう、促していく」などの回答をひきだしました!!


 「どれぐらい各政党が取り上げてくれるのかな」と、どきどきしながら傍聴してきました。質問の順番は公明党、民主党、共産党の各会派が大きく取り上げてくれました。会のアンケート結果も紹介してくれて、声をあげ続けてきて本当に良かったですね。
 議会では、この問題は「継続審査」、つまり慎重に話しあおうとなりました。
 拙速な廃止はやめ、学内の議論、市民的な議論をすすめていくために、引き続き議会でとりあげてもらえるよう、声を上げていきましょう。
スポンサーサイト

comment

Secret

えらいこっちゃ

 会の活動おつかれさまです。私は1部卒業生です。2部廃止は大変な問題だと思います。近隣の私立大学も次々2部を廃止する中、働きながら学びたい人はどこに行ったらいいのか??と思います。
 学費が大変で昼間の大学に通えない人は、どうしたらいいのか??と思います。

 いろんな人に知らせて広げていきたいです。

 あと、お願いですが、会が発行しているニュースなども署名みたいにダウンロードできるようになりませんか??

 よろしくお願いします。
アピール 2部存続を!!
 以下の内容でのアピールを集める取り組みを、OB会の方々が中心になって行っています。広く実名でのアピールを集め、発表して世論に訴えていきます。ぜひアピールをお寄せ下さい。また、メッセージはビラやブログ上で紹介させていただきたいと思います。たくさんのメッセージ、お待ちしております。実名で公表させていただきますので、都合が悪い方は必ず選択欄で「とく名」を選んで下さい。
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

署名
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
このブログ内を検索します
最新記事
会員大募集!!
 市大二部廃止の動きや会の活動など、不定期にメールを送っていきたいと思っています。メールアドレスを登録して会員になってください!!
メールアドレス
リンク
二部廃止についてあなたの意見を直接「大阪市」「大阪市立大学」「文科省」に届けましょう!!
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
時計
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。