スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと遅くなりましたが・・・

 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします(^-^)
 会をつくってから、あっという間に半年がたちました。「2部がなくなるって噂になってるけど、本当ですか?」と、事務室に聞きにいったのが6月。「廃止は決定。いつから廃止するか決まったら発表するんじゃないか」との返事で、びっくりし、「みんなはどう思っているんだろう」「みんなで考えあいたい」と、会をつくりました。宣伝して大学への思いを交流しながら、「母子家庭で母がダブるワークして家計を支えている。2部じゃないとぼくは進学できなかった」「学生になにも知らせずに決めるのはおかしいんじゃないか」「学生生活への影響は?不安がいっぱい。せめてちゃんと説明して」「廃止しないといけない理由はなんなの?」と説明会開いたり、学長に声や署名を届け、大阪市にも働きかけをしてきました。

 一つひとつがはじめてのことばかりで、とまどいやためらいや不安だらけだったけど、あたたかく励ましてくれる人、自分の思いをぶつけてきてくれる人、知恵を貸してくれる人、みんなのおかげで、ここまでやって来れたと思います。そして何より、いっしょに考え、できることで協力するよと会に入ってくれる人がだんだん増えてきて、いっしょに考えあう仲間ができたことが、すごくうれしいです。

 OBの方たちが「市大2部存続を求めるOBの会」をつくってダイナミックに市民に働きかけてくれています。要請や記者会見にも同席してくれて、みなさんの熱い思いに、すごく励まされています。

 みんなで声をあげることで、大学側の姿勢も変わって、会の要望書にちゃんと文書で回答してくれるようになったり、公明党、民主党、日本共産党の議員の方ががんばってくれて市議会で議論され、「議会や学生にちゃんと説明すべき」と大阪市が答えたりと、2部廃止問題は大きく動き始めてます。

 いろいろ調べてみんなで考えてきて、2部廃止問題の根っこには、大阪市の予算削減と、そのせいで先生が減っているなどの問題があるし、市大全体の教育研究環境の悪化という問題もあるんだなと分かってきました。だから、2部だけじゃなくて大学全体の問題だし、大阪市が設置している大学ですから市民の財産をどうするのかという、市民、国民全体の問題でもあると思います。

 今年は声をあげる「輪」を、もっともっと広げて大きくしながら、みんなでいろんなことに取り組んでいきたいと思います。

 これからもどうぞ、よろしくお願いします。
 みんなでいっしょにがんばりましょー(^O^)


 それと今日、読売新聞の夕刊で結構大きく市大2部廃止問題が取り上げられました。見出しが「消えゆく夜学」とか「勤労学生 今は昔?」「大阪市大も募集停止へ 格差広がる 声も」などとなっていて、大学側の説明と同時に会の主張も載せてくれています。ありがとうございます。
 ネットにもあるので、ぜひ読んでみてください。すぐに切れるかもしれませんが、記事のURLです→
http://osaka.yomiuri.co.jp/university/topics/20090110-OYO8T00516.htm
スポンサーサイト

comment

Secret

こんばんは

東京の教育大学に通うEndoと言います。
国会要請のときはお世話になりました。
先日はお疲れ様でした。
そこで紹介していただき現在ブログを拝見させていただいています。

まだ、内容を把握しきれておりませんが、東京に来ていた学生から聞いた声は凄まじいものがあり強く印象に残っています。

これからもよろしくお願いします。頑張ってください!
アピール 2部存続を!!
 以下の内容でのアピールを集める取り組みを、OB会の方々が中心になって行っています。広く実名でのアピールを集め、発表して世論に訴えていきます。ぜひアピールをお寄せ下さい。また、メッセージはビラやブログ上で紹介させていただきたいと思います。たくさんのメッセージ、お待ちしております。実名で公表させていただきますので、都合が悪い方は必ず選択欄で「とく名」を選んで下さい。
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

署名
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
このブログ内を検索します
最新記事
会員大募集!!
 市大二部廃止の動きや会の活動など、不定期にメールを送っていきたいと思っています。メールアドレスを登録して会員になってください!!
メールアドレス
リンク
二部廃止についてあなたの意見を直接「大阪市」「大阪市立大学」「文科省」に届けましょう!!
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
時計
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。